大阪北区梅田エリア、南森町でSTOTT PILATESマシン完備ピラティス・ヨガスタジオ|理学療法士と健康管理士共同監修

ピラティス・ヨガで新しい自分

 お好きな時間で!
大阪マシン完備、男性OK、入会費なし
月曜〜日曜
10:00~20:00

大阪メトロ「南森町駅」
JR東西線「大阪天満宮駅」
2番出口より 徒歩4分 

ピラティスとは?ジョセフ・ピラティスは誰?

 

オススメの理由

WHY PILATES

ピラティス

PILATES

ピラティスの由来

担当
ピラティスとは、 Joseph Pilates(ジョセフ・ピラティス)という実在の人物(1883-1967)が開発した身体メソッドです。ドイツからニューヨークへ渡り、ピラティスメソッドを一生を捧げる。
ジョセフは、自身が開発したエクササイズを「コントロロジー(=Contorl+logy=コントロールをする学問)」と呼んでいました。
Whole Body Movement(全身の動き)を重要視し、必ずしも体幹だけにフォーカスをして指導はしていませんでしたが、同時に体幹の強化の必要性を当時から訴えていました。

joseph pilates
ジョセフの出版品

出版品:
ユア・ヘルス (Your Health)
リターン・トゥ・ライフ・スルー・コントロロジー (Return to Life Through Contrology)


ストットピラティス

STOTT PILATES®︎

「アイビー・リーグ(名門校)」とも呼ばれているSTOTT PILATES®︎

ストットピラティスの強さ

≪STOTT PILATES®︎≫

ストットピラティスSTOTT PILATES®︎の創立者であるMerrithew Moria氏(旧姓Stott)はカナダのバレエリーナでした。あるとき膝のけがのため、ニューヨークにあるピラティスの第一人者であるジョセフピラティスの教え子のスタジオでリハビリをすることになりました。
膝のけがが回復し、ピラティスの効果を実感したMoiraはカナダに帰国し、コーチや理学療法士、医師など、様々な専門家とともにピラティスについて研究しました。オリジナルのピラティスエクササイズをもとに、5原則を導入し、姿勢分析をもとに一人ひとりの身体、目標、能力に合わせてエクササイズを行うストットピラティスを開発しました。
現在は、カナダのトロントの本部をはじめ、全世界の主要な都市に養成スクールがあり、インストラクターは世界中のスクールで訓練や指導を受け続けることができます。

STOTT PILATES®︎とオリギナルピラティスの違いとは?


STOTT PILATES®︎本部

Photography © Merrithew Corporation

WHY STOTT PILATES®︎?

ストットピラティスの五原則

現代的な解剖学を基本としストットピラティスSTOTT PILATES®︎は、全てのエクササイズは五原則にフォーローして行っています。それぞれの身体の特徴を合わせなから、無理せず、効率よく、1レッスンの中に身体の大き変化を追求します。

ストットピラティス・肩甲骨
呼吸

胸式呼吸や腹式呼吸どちらでもなく、
3D(立体的)の胸郭呼吸がおすすめです

 
ストットピラティス・骨盤
骨盤

骨盤のニュートラル(中間位)を意識し、
コア(深層筋)の安定しやすくなります

 
ストットピラティス・胸郭
胸郭

呼吸と背骨の柔らかさを一番に関係があります。胸郭を意識しますと腰部の安定しやすくなります

 
ストットピラティス・頭と頚部
肩甲骨

安定とともに動かすも大切です。
上半身の効果的な筋トレ秘密であります!

 
ストットピラティス・頭と頚部
頭と頚部

首の緊張を防ぐ、
背骨の動きと目線の高さで確認します

 

ピラティス・ヨガだけではなく、選べる多彩な多彩なレッスン

ES からのお知らせ
 

いつもESをご利用いただき、ありがとうございます。

この度、新店舗に移転をさせていただくことになりました。なお、スタジオのイメージを一層明確にするため、「ES」から「STABE(スタビー)」へ社名変更を致しました。
移転先ではさらにマシン数も増加し、ご希望のお時間帯でのご案内がより可能になります。さらに様々な種類のグループレッスンも予定致しております。
今後とも変わらぬご愛顧のほど、何卒よろしくお願いいたします。
 

 
<ホームページ> stabe.jpここから
 
<FOLLOW US>
Instagram@stabe.jp
Facebook@stabe.jp

以上