大阪北区梅田エリア、南森町でSTOTT PILATESマシン完備ピラティス・ヨガスタジオ|理学療法士と健康管理士共同監修

ピラティス・ヨガで新しい自分

 お好きな時間で!
大阪マシン完備、男性OK、入会費なし
月曜〜日曜
10:00~20:00

大阪メトロ「南森町駅」
JR東西線「大阪天満宮駅」
2番出口より 徒歩4分 

腰痛改善のためのピラティス・ヨガ

 

こんな身体のお悩みはありますか?

Any trouble with pelvic-lumbar area?

腰の悩みはありますか
慢性的に腰がだるい、痛い
足が痺れる、感覚がにぶい
足がつまずきやすい
常に座っている、立ち上がり瞬間がしんどい
靴下や靴を履くときつらい
ズボンの裾の長さが違う
ズボンの真ん中はよく右や左にズレっている 
身体の左右差が大きく感じている


腰痛や腰の違和感でお困りの方、腰痛を改善し健康ですがすがしく毎日を送りたい方にはこの文章を最後までチェックしましょう!

お悩み

腰痛が起こる原因とは?

ピラティス・ヨガには腰痛改善の効果があるの?
ピラティス・ヨガには腰痛改善の効果とは?

腰にストレスがかかる原因とは?

  • 車の運転時間が長くなると腰がお重い、車から出にくい時もある
  • パソコンを長時間をしている、座る時間が長い
  • 膝をまっすぐ伸ばしたままで重い物を運ぶ事が多い
  • 腰をつい反ってしまう
  • 日常生活は同じ側に向くことが多い
  • 親の介護や子育てをしている 
  • 仕事や生活からのストレス

上記のように日常的な姿勢や重労働などによって骨盤のズレやゆがみ、筋力不足、筋バランスが崩れてしまい、腰だけ負担がかかることで腰痛は引き起こされます。
 

腰が痛くなる原因とは?

腰が痛くなる背骨
椎間板ヘルニア
脊柱管狭窄症
脊椎分離症
脊椎すべり症
坐骨神経痛
慢性腰痛
ぎっくり腰
ストレス

 
医学の解剖学用語ですが、腰の構成は腰椎です。腰椎の1番の役目は背骨を曲げると伸ばす事ですが、腰椎の安定性が足りない、または股関節や胸椎の動きが少なくなると動きの中で全ての力が腰椎に集中してしまい、腰が痛くなります。
腰が痛くなるのは腰の使い方間違えたった、または他の不調な部位をかばっているも考えられます。
 

お悩み

腰痛を改善するためには

骨盤の位置を意識
足を組まない

正しい姿勢を知る
仕事中の休みをこまめに取る
重い荷物はしゃがんで自分に近づきで運ぶ
インナーマッスル(体幹)を鍛える
体重をコントロール
腰痛を改善すれためには

正しい姿勢を心がけ腰にストレスがかからないようにすることが大切です。
重い荷物を持ち上げるとき、親の介護と子供の世話などは、特に気をつけましょう。
また、インナーマッスル(体幹)を鍛えることで良い姿勢を意識し、筋力と身体の柔軟性を増やすことによって腰痛の改善・予防につながります。
 

腰痛予防のため、骨盤が一番大事!

骨盤の構造を見てみましょう!
姿勢をチエック


まずはこれを意識!
骨盤をまっすぐ(ニュートラル)を意識することですが、ローライズのGパンを履くときにベルト部分が腰で引っかかる骨(ASIS)と恥骨が垂直である状態と言えます。




 日本の腰痛ガイドライン2019の改訂第二版による、治療法とは?

薬物療法
装具療法(コルセットなど)
運動療法
心理行動アプローチ(認知行動療法)
インターベンション(神経ブロック、注射療法、脊髄刺激療法など)
手術療法

中に一番おすすめの腰痛予防は運動療法、そして、過去の論文で運動療法は有害されていない。
急性や亜急性腰痛に対する運動療法の論文はまた少ないですが、慢性腰痛の治療中で運動療法は一番推奨されでます。運動療法の種類を明確にされてないですが、体幹筋力強化とストレッチは薬(非ステロイド性抗炎症薬[NSAIDs])の内服より改善されています。

ですが、ピラティス・ヨガで体幹を鍛えることによって、腰痛の改善に効果があると考えられています。

お悩み

ピラティス・ヨガで腰痛改善!

腰痛改善については、まずは骨盤の位置から。骨盤の位置がズレると腰のストレスが高くなり、腰が痛くなる原因です。そして、胸郭の柔らかさと骨盤の関係性も腰の安定と繋がていて、ピラティスのエクササイズやヨガポースで体の癖を見つかり、修正、インナーマッスル(体幹)を鍛え、筋肉再教育、さまざまの腰痛や機能を改善いたします。

 

骨盤”を正しく!

骨盤は人間の土台と言われています、身体の中で一番大事な所です。上半身の重さを支え、地面から下肢に反動力を衝撃を受けて、身体を繋いで上半身と下半身をつなぎ「全身のバランスを保つ」は骨盤です。
骨盤をニュートラル意識することによって、土台がしっかりになり、上半身と下半身の動きも出やすくなります。余分な力を使わずに身体を理想的な姿勢にキープできます。

胸郭の柔らかさと骨盤の関係

骨盤を正しくもちろん、腰の上にある胸郭も腰痛改善の課題の一つです。

胸郭は鳥カゴのようなドーム型をしていて、その中に収まっている心臓や肺、食道や血管の保護、また頭部を支えている頚椎の構造的基盤となり、たくさんの筋肉が付着するところでもあります。
腰痛改善ピラティス

胸郭には136個もの関節があるといわれています。その数が胸郭の構造や運動を精巧にそして複雑にしているわけですが、加齢や運動不足、姿勢不良などによって、胸郭の可動性はどんどん低下していくのです。そのため常に柔軟な胸郭を維持しておかないと、呼吸の質にも影響を来たしてしまいます。
言い換えると、ピラティス・ヨガで呼吸の練習によって、腰痛改善にもつながることが期待できます。

ピラティス・ヨガに通っている方

姿勢改善

 

産前・産後

 

腰痛改善・予防

 

ゴルフ愛好者

 

バレエ、ダンサー